郷土料理講習会


おもてなし勉強会 新年会 交流会 ササクレヒトヨタケ 環境教室 おもてなし(2)
 郷土料理(えびす講) 郷土料理(お歳取り)   大豆から作るお豆腐  もちいの料理と七草粥
 「端午の節句」郷土料理  ご先祖様と頂く御馳走  お月見の料理  芋から作る在郷の蒟蒻
 とじくり      

とじくり 

4月8日 花まつりの日 水窪では「とじくり」を作り 仏様、お釈迦様にお供えします。 

 

大豆はまめに暮らすということ 健康を祈る気持ちに通じる。 

表面に大豆がボコボコ出ているところが 仏様の螺髪に似ていることから 別名仏様の頭と呼ばれています。 

味は大豆と米の炒った香ばしさとそばの香り 何とも言えない素朴な味 

お菓子や 代用食とされ明治20年頃まで各家庭で作られていました。 


お茶積みのおやつにも作られました

地域は 水窪と城西地区のみに伝わっています。

 

作り方 

材料(30個位) 

 大豆:    1カップ半 

 米:     1カップ 

 水:     1リットル 

 そば粉:   300グラム 

 砂糖(三温糖)250グラム 

 塩:     小さじ一杯 

すべて強火で手早く行う 

1)水1リットルに砂糖を入れて煮立てる 

2)豆は表皮が破れて割れるまで炒る 

3)1の煮立っている湯の中に2の豆を入れて約5分煮る 

4)米は透明になるまで炒る 

5)3の中に4の米を熱いうちに入れて3分ほど煮る 

6)5をかき混ぜながら その中にそば粉を手早くパラパラ入れる 

7)とじくってきたら ピンポン玉位に丸める 

※ 各家庭によって作り方が違っている。 

  そば粉の代わりに小麦粉で作る家庭もある

  

1)水1リットルに砂糖を入れて煮立てる
2)豆は表皮が破れて割れるまで炒る
3)1の煮立っている湯の中に2の豆を入れて約5分煮る
4)米は透明になるまで炒る
5)3の中に4の米を熱いうちに入れて3分ほど煮る
6)5かき混ぜながら その中にそば粉を手早くパラパラ入れる
7)とじくってきたら ピンポン玉位に丸める
各家庭によって作り方が違っている。
   

おもてなし勉強会 新年会 交流会 ササクレヒトヨタケ 環境教室 おもてなし(2)
 郷土料理(えびす講) 郷土料理(お歳取り)   大豆から作るお豆腐  もちいの料理と七草粥
 「端午の節句」郷土料理  ご先祖様と頂く御馳走  お月見の料理  芋から作る在郷の蒟蒻
 とじくり